ウェルカムボードで1番安いのはどれ?卒花嫁に聞いたおすすめサイト3選

結婚式の受付ブースで欠かせないのが”ウェルカムボード”です。

私も結婚式を挙げた時は、色々なウェディングアイテムを探しましたがその中で知りました。

最近ではイラストだけじゃなく、パズルになっていたり刺繍やリース状になっているデザインもあるのでどれを飾ろうか迷うくらいです。

デザインで迷っているプレ花嫁さんもいるかもしれませんが、どこで手に入れようか1番悩んでいませんか?

結婚式でかかる費用は、少人数制だとしても決して安い金額ではありません。
どこで節約していくかというと、こういったウェディングアイテムなんですよね。

でも、人生の中でも最大のイベントなので妥協したりはしたくないと思いますし私自身も決して「安ければ何でもいいや!」なんて考えはありませんでした。

可能ならば、”安くて良いもの”が嬉しいですよね♪

 

というわけで、今回のマネマニでは実際に結婚式を挙げた卒花嫁でもある私が節約したウェディングアイテムの中のひとつであるウェルカムボードについての節約術をまとめてみました!

  • 「自分で作ったほうがいい?」
  • 「どの業者がやすいの?」
  • 「おすすめのお店はどこ?」

準備で忙しいプレ花嫁さんが、少しでも楽になれるようにこの記事にはこういった疑問を比較して紹介しています。

少しでもお役に立てると嬉しいです!

広告

安く手に入れる方法を比較

それでは早速本題からお話していきますね。

ウェルカムボードって結婚式場で紹介されるものは、20,000〜30,000円が相場です。

初めて見た時は「ポスター1枚に対して数万円もするの!?高い!」と驚きましたが、結婚式場で購入するとだいたいの小物はネットなどで購入するよりも高いですよね。

なので、最初から式場で購入するというのは省いて比較しています。
もしも式場でサービスに含まれているというのであれば、お金もかからないので1番良いことです。

ここでは「式場だと高いから他に安く手に入れたい」という人のために、それぞれの方法を比較してまとめてみたので是非参考にしてみてくださいね。

節約派→手作り(DIY)が1番安い

「とにかくウェルカムボードでも安く抑えたい」
という人には、自分で作ることをおすすめします。

その理由は、材料費さえ節約すれば他に費用がかからないからです。

例えばパソコンでデザインしたものを印刷するだけなら、紙と印刷代だけなので数十円で済みます。
自分でイラストを描くなら紙代のみだし、最近では100円ショップのアイテムでウェルカムボードを作る人だっているんです。

自分で作ればやり方によってはお金をかけずに作ることも出来るので、1番安くしたいという人にはおすすめの方法です。

予算内→知人・知り合いにお願いする

 

View this post on Instagram

 

【ウェルカムボード】 * デザインのお仕事をしているいとこにウェルカムボードをお願いしました💓 結婚式のテーマを伝えるとこんなステキに仕上げてくれました😳! しかもキャンバスです💓 かなり盛り盛りで美しく仕上げてくれました😌💓 * レポしたいけどカメラマンさんのデータ待った方がいいのかな🤔🤔🤔 どういう風にしたらいいんだろう🤔🤔🤔💓 * #卒花嫁 #卒花 #卒花しました #プレ花嫁 #プレ花 #プレ花嫁卒業 #全国のプレ花嫁さんと繋がりたい #日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい #全国の卒花嫁ささんと繋がりたい #2018秋婚 #ちーむ0908 #関東花嫁 #群馬花嫁 #ディズニー風結婚式 #ディズニーテーマ #ディズニーテーマウェディング #ウェルカムボード #ウェルカムボード手作り #シンデレラ風 #marry花嫁 #ウェディングニュースブライズレポーター #farny_brides #farny花嫁 #ウエパ #Dressy花嫁 #プラコレ #maricuru #maricuruアドバイザー #maricuru_pre #maricuruフォト

まちゃんさん(@wedding_mickey)がシェアした投稿 –

「このくらいの費用に収まるなら誰かにお願いしたい」
という人には、イラストやデザインが得意な知人や友人に頼むのもおすすめです。

その理由は、お祝いとして引き受けてもらいやすいからです。

もちろんお礼や材料費は基本的には、こちらで負担するのがマナーですがお祝いとして無償で引き受けてくれる人もいます。

正直に「この予算でウェルカムボード作って欲しいんだけどお願いできるかな?」と伝えておけば、相手も理解してくれると思います。

ただしこのお願いする方法に関しては、トラブルになることもあるのでそちらに関しては次にお話するメリット&デメリットをチェックしてくださいね。

悩んでいる→オーダーメイドがおすすめ

 

View this post on Instagram

 

WOODEN PICTURES BRIDAL ナチュラルウェルカムボード ミモザのドライフラワーリースセット✨ ウェルカムボード、NEWデザインです‼️ トップページにあるウェブサイトよりご注文いただけます😊😊😊 お気軽にお問い合わせください‼️ @wp_bridal #wp_bridal #woodenpicturesbridal #ウェルカムボード #ナチュラルウェルカムボード #ウェルカムボードオーダー #ウェルカムボード制作 #welcomeboard #ウェルカムスペース #ウェルカムスペース装飾 #ウェディングアイテム #ウェディング小物 #ドライフラワーリース #ウェディングリース #ウェルカムリース #ナチュラルウェディング #ラスティックウェディング #ガーデンウェディング #ハウスウェディング #大人花嫁 #大人婚 #2018春婚 #プレ花嫁 #花嫁準備 #ブライダルアイテム #ナチュラル婚 #結婚準備 #木のウェルカムボード #アンティークウェディング #ミモザリース

木のウェデイングアイテム♡ウッデンピクチャーズブライダルさん(@wp_bridal)がシェアした投稿 –

「何から調べたらいいかわからない!」
という人には、オーダーメイドがおすすめです。

”オーダーメイド”って聞くと「高そう」というイメージがありましたが、ここで紹介するオーダーメイドはハンドメイドサイトによるものなので業者に比べたら安く手に入れることができます。

しかも結婚式は誰もが初めてなので、何から手を付けていいのかわからないし、ウェルカムボード以外にもドレスやスケジュールを考えないといけないのでやることがたくさんあって大変です。

そんな時にオーダーメイドにしておけば、相手がイメージを察して作ってくれるので自分で悩むことがありません。

私は結婚式でオーダーメイドを利用したのですが、ウェルカムボードのデザインで悩んでいる時間さえ勿体無いと思ったくらい忙しかったので今こうして悩んでいる時点で「忙しい!」と感じている人は利用して損はないと思います。

それぞれのメリット&デメリット

1番安くウェルカムボードを手に入れるのは、自分で作ることでした。

でも、節約したいと考えていた私がオーダーメイドを選んだのは理由があったからです。
それがそれぞれのメリットとデメリットです。

ここでは、メリットとデメリットについてそれぞれに分けてまとめてみました。
自分に合う方法は、人によって違うのでこちらを参考に選んでみてくださいね。

手作り(DIY)

それでは手作りに関してのメリットとデメリットについてお話します。

メリット

  1. 1番節約できる
  2. 自分で自由に作れる

手作りすれば、自宅にあるもので作れば費用もかからないし自分で好きなように作ることができます。

不器用な人でも作る方法として、SNSでも色々なアイディアが投稿されていますよね。
私も1度100円ショップのアイテムで、実際に作ってみようとチャレンジしたことがあります。

思うように上手くいかずに、制作時間と費用を無駄にしてしまったので「不器用だし、作るのが苦手」という人には向いていません。

趣味や特技を活かして作れそうであれば、やってみて損はありません。

デメリット

  1. 時間がかかる
  2. 失敗したら材料費がまたかかる

このデメリットに関しては、得意不得意かかわらずに関係します。

どんなに得意な人でも、制作時間はかかりますよね。

例えば1日で完成できたとしても、その時間を打ち合わせに使うことができたり「もっと有効活用できたかもしれない」と思うかもしれません。

また、思うように上手くいかなかったら作り直すことになるのでそれに対してのストレスはもちろん材料も新しく買わないといけないので節約ではなくなります。

「作ることに対して自信がない」という人は、以下の2つを参考にしてみてください。

友人・知人

次に知人・友人へのお願いした時のメリットとデメリットについてお話します。

メリット←おすすめ!

  1. 引き受けてもらいやすい
  2. 無償対応が多い

もしも友人や知人にウェルカムボード制作が得意な人がいれば、お願いしてみるのも有りです。

お祝いごとなので、引き受けてもらいやすいですし謝礼なしで対応してくれることがあります。
ただし、マナーとしては材料費とお礼として謝礼は用意しておくのが基本です。

そこで「今回はお祝いごとだからいらないです」と言われたら、お言葉に甘えましょう。

注意してほしいのが、ウェルカムボード制作が得意ではない人にお願いするのは相手も困るので無理に頼むことをやめてくださいね。

デメリット

  1. イメージと違っても言えない
  2. 相手によっては嫌がられる
  3. やり直しができない

個人的には、友人や知人にお願いするのは相手からすすんで「得意だからお祝いとしてプレゼントさせてほしい」と言われない限りはこの方法はおすすめしません。

理由としては、こちらのデメリットでもお伝えしたように相手が作ってくれたものに対して「思っていたものと違う」と感じても言えないし別のものを使うのも失礼なので満足度として低い可能性が高いです。

もうひとつの理由としては、自ら「ウェルカムボード作って欲しい」と伝えた時に、人によっては嫌がる人もいます。

人生に一度の結婚式なので、プレッシャーになる人もいるからです。
自分も結婚式の準備で忙しかもしれませんが、それに気づかず相手に対して迷惑行為になっていることもあります。

向こうから声がかからない限りは、依頼するのは控えることをおすすめします。

もしも「この人に絶対ウェルカムボードを作って欲しい」という人がいるのであれば、節約ということは考えずに材料費も謝礼もしっかりと相場に合わせて用意しておいてくださいね。

オーダーメイド

最後にオーダーメイドに関してのメリットとデメリットについてお話します。

メリット

  1. イメージを伝えるだけでOK
  2. 相手任せなので時間に余裕ができる
  3. 事前に完成図がチェックできる
  4. 失敗する心配がない
  5. 安く購入できるサイトがある

私が卒花嫁としておすすめしたいのは、オーダーメイドです。

先程も「オーダーメイドって高いんじゃないの?」というイメージの話をしましたが、メリット項目にもあるように安く購入できるサイトがあります。

しかも、オーダーメイドならウェルカムボード制作しているプロなので「どんな風にしたらいいのかわからない」、「なんて伝えたらいいかわからない」という人でも提案してくれたりサンプルを見ることができるので安心です。

また、依頼をするわけですから失敗作が手元に届くことがありません。
制作途中で完成図をイメージすることもできるので、自分が納得したものを手に入れることができます。

私の場合は、そういったメリットがあったのでオーダーメイドを選びました♪
安く購入できるサイトに関しては、この後のおすすめサイトで紹介しているのでそちらをチェックしてくださいね。

デメリット

  1. サイト選びに注意しないと失敗する

私はオーダーメイドする時に、色々なサイトを調べて素敵な製作者さんに出会うことができましたが中には「お金だけとられて騙された」というトラブルがあった人もいます。

特にSNSなどを使ったオーダー依頼の中には、そういった詐欺行為をしている人もいるので注意しなければいけません。

オーダーメイドならメリットも多く、節約する方法としてもサイトを利用することによって安く手に入れることができますが注意しなければそういったトラブルに巻き込まれやすいです。

でも安心してください!
「どうしたら安全に購入することができるのか?」については、この後にお話していきますね。

安心して販売サイトを利用する方法

オーダーメイドにすれば、失敗する心配もなくおすすめと紹介しましたがデメリットとしてサイトに注意しないとトラブルに巻き込まれてしまうともお話しました。

節約の為に調べているのに、そんなふうに騙されたくはないですよね。

ここでは、購入する時にそういったトラブルに巻き込まれないようにどうしたらいいのかまとめたので是非最後までチェックしてくださいね。

専用サイトなら安心

インスタグラムやツイッターなどのSNSによる個人のやり取りの場合、お金を振り込んだけどウェルカムボードが届かなかったというケースがあります。

でも、専用の販売サイトを利用すればトラブルがあったら対応してもらえるので個人で依頼するよりも安全性が高いです。

私も色々と販売サイトをチェックしましたが、「これなら頼んでも大丈夫かも」と思って実際に利用することができました。

安心した理由は、このあとの2つで紹介していきますね。

口コミをチェックできる

販売サイトでは、依頼人と制作者がマッチングして作品が届くと依頼人から制作者側へ口コミが掲載されます。

その口コミをチェックすることによって「この人なら私のイメージがわかってもらえそう」、「評価が良いから仕上がりも良さそう」と思うことができました。

実際に利用した人たちの感想が見れるというのは、頼む前の人にとってかなり重要でこの口コミで選ぶ人が決まるくらいです。

専用サイトを利用するだけでも良いですが、絶対に失敗しない為にも必ず製作者さんの口コミはチェックしておいて損はありません!

素敵な作品と製作者さんと出会うためにも、そこには時間を使ってくださいね♪

購入前に質問できる

製作者さんが決まったとしても、なんて相談しようか迷いますよね。

専用サイトでは、事前に製作者さん側と連絡することができる”掲示板”のようなものが存在しています。(一部ないサイトもあります)

なので、そこで自分が気になっていることや節約出来る部分はないか質問することによって、より自分のイメージに近いものが見えてくるんです。

私は、「この材料をなくして値引きできないですか?」と交渉しました。
結果は成功!オーダーメイドならではですよね。

もちろん節約にこだわりすぎてケチってしまうと、依頼を断られることがあるのでそこは慎重に伝えてくださいね。

おすすめしたい人気サイト3選

最後に…

「何を選べばいいのかさえわからない」、「絶対に失敗したくない」という人にはオーダーメイドでウェルカムボードを安く購入することをおすすめします。

でも、その安く購入するというのはどんなサイトにあるのでしょうか?

調べてみると、色々な業者もあるしトラブルに巻き込まれたりするのは避けたいですよね。

ここでは、私もよく利用しているおすすめの人気サイトを3つ紹介したいと思います。
「どこで頼めばいいかわからない!」という人は、是非こちらを参考にしてみてくださいね。

1・ココナラハンドメイド

ココナラハンドメイドは、自分の趣味を売り込むサイト”ココナラ”のハンドメイド専用のサイトです。

私もウェルカムボード制作は、このサイトで頼みました!
ココナラのメリットは、あくまでも趣味や特技として作品を販売している人が多いので価格が比較的に安いです。

なので、節約している人に特におすすめです。
サンプルもあるので、どんなウェルカムボードが作れるのかチェック出来るのも良かったです。

マッチングした人たちによる口コミもあるので、対応や仕上がりもチェックすることができるので「安くても見た目が…」という人も安心して頼むことができます。

ココナラハンドメイド

2・BASE(ベイス)

BASEとは、ものづくりを行う個人、ビジネスを展開する法人、地方自治体をはじめとする行政が利用しているネットショップ作成サービスです。

個人だけじゃなく法人での販売もあるので、料金としてはピンからキリまでありますが探してみると比較的安いウェルカムボードを見つけることができます。

個人で販売する人の為のサイトですが、ライブ配信機能も付いていて店によっては作る工程や作品を見ることができるので安心して取引できます。

サイトをチェックしてもらうとわかりますが、とにかくデザインがオシャレでセンスが良い人が多いです。

なので、「とにかくオシャレなウェルカムボードが欲しい!」という人はBASEをチェックしてみることをおすすめします。

無料ショップ開設なら【BASE】

3・minne(ミンネ)

minneは、ハンドメイド制作の作品を販売しているサイトでも有名ですよね。

イメージとしてはネットの雑貨屋さんという感じなので、こだわりが強いひとが多いです。

こちらでは、アート寄りの作品が多くココナラやBASEと比べると料金は高めになりますが式場で購入するよりは節約になります。

「最近流行っているデザインのウェルカムボードがほしい」という人には、ピッタリのサイトです。

minne

まとめ

今回は、ウェルカムボードを安く手に入れる方法として比較してまとめてみましたが如何でしたか?

手作りが1番安いですが、メリットやデメリットをそれぞれチェックしてみると、オーダーメイドが失敗なく節約して手に入れられる方法でした。

オーダーメイドがおすすめの理由として…

  1. 相手に任せるから悩む必要がない
  2. 時間に余裕ができる
  3. 完成図がイメージできるから安心
  4. 途中工程をチェックできるから失敗しない
  5. サイトを利用すれば安く購入できる

メリットが圧倒的に多かったですね。

「自分で作ったほうが納得したものが出来るかも」とも考えましたが、作ってみたら時間もかかるし失敗したらまた材料費がかかるのでラクする方法としてはオーダーメイドが1番良かったと思います。

オーダーメイドできるおすすめの人気サイトは

  • ココナラハンドメイド
  • BASE
  • minne

を紹介しました。

どのサイトも登録無料で利用することができるので、自分にピッタリのウェルカムボードを見つけてみてくださいね♪

最新情報をチェックしよう!
広告