WEBライター初心者は副業でも稼げる!始める前に知るべきポイント&知識

こんにちは、マネマニ編集部です。

今読んでいるあなたは、WEBライターとして仕事を始めたばかりですか?
それでも「やってみたい」と考えている人でしょうか?

どちらにせよ、この職業が気になっている人ということには間違いないと思います。

 

私がスタートした時は、知識なんて全くなく教えてもらうこともないまま始めていました。

なので文章もバラバラだったし、「本当にこれでいいのかな?」という不安だらけで仕事をしていましたが、きちんと報酬をもらえたし意外と勉強しなくても簡単にできちゃうんです。

でも、「仕事はどうやってもらえばいいの?」、「本当にいきなり仕事ができるの?」と疑問に思うことや不安はたくさんあると思います。

確かに文章が苦手な人では難しいですよね。
私もそこまで得意ではないので、書きながらも不安だらけでした。

今ではこうして、色々なジャンルの記事を書くようになりましたが自信がないといきなり「やってみて」と言われても難しいのかもしれません。

 

というわけで、今回は初心者でもWEBライターとして稼げる方法についてお話していきたいと思います。

この記事では

  • WEBライターの仕事について
  • どんな人に向いているか
  • 始める前に知るべきポイント
  • 注意すべきポイント
  • 記事を書く手順
  • 仕事の見つけ方

以上の項目について、それぞれまとめてみました。

この記事を読むことによって、少しでも「早速WEBライターの仕事をしてみたい」という人が増えると嬉しいです。

是非最後までチェックしてくださいね。

広告

WEBライターとは?

まず最初に、このWEBライターの職業について簡単に説明したいと思います。

自分が今から始めようとしている仕事に対して、説明できるように是非覚えておいてくださいね。

WEBライターとは、簡単にいうとWEBサイトに掲載されている記事を書いている人のことです。
ジャンルは色々あって、美容系から飲食系、旅行もあるし医療やこういった仕事についての記事もそうです。

とにかくWEBサイトに掲載されている記事を書いていたら、それはWEBライターと言えるでしょう。
逆に紙媒体の記事を書いている人は、”雑誌ライター”です。

記事を書くといっても、ニュースやインタビュー、体験レポートやメールマガジンなどの仕事もWEBライターが担当することがあります。

WEBライターの仕事は、簡単にいうと”ネット上に掲載されている記事を書くこと”です。

WEBライターはこんな人におすすめ!

WEBライターの仕事に対して、更に興味が湧いてきましたか?

次に、この仕事をするにあたってどんな人が向いているのかお話していきたいと思います。
やはり職業には向き不向きがあるので、私の周りでも「思っていたのと違った」と辞めてしまった人もいます。

そんな風になる前に、自分にとってWEBライターが向いているのか知っておくべきです。
もしも「自分にはできないかも」と思ったら、すんなり別の仕事に切り替えてもいいと思います。

ここでは私の経験上で感じた、WEBライターが向いていると思った3つのタイプをまとめてみました。
万が一当てはまらなくても、「それでも仕事したい」という人はそれで良いと思います。

あくまでも始める前の参考にチェックしてみてくださいね。

人に伝えることが好き

記事を書いていて思ったのが、読んでいる人に対して伝えなければいけないので「みんなに知ってほしい!」、「悩んでいる人に教えてあげたい!」という気持ちがある人ほど良い記事が書けると思いました。

ありきたりな文章や、適当に書いている文章って読んでいる側も途中で空きてしまったり「自分が求めている記事じゃない」とわかってしまうんです。

でも、読み手に対して「読んで欲しい」という気持ちが記事の文章に現れているとついつい最後まで読んでしまいます。

あなたも実際にWEBサイトの記事で、最後まで読んだことありませんか?
まさにその記事が、そうなんです。

人に伝えることが好きな人であれば、きっと読み手にも上手に伝えることができます。

文章を書くことが好き

これはWEBライターとしての仕事では、まず書くことが好きじゃないと途中で空きてしまうし手がなかなか進まなくなってきます。

実はこれ私は当てはまらないので、「文章を書くのが苦手」という人でもやってみたら意外と書けることもあるので一概には言えません。

でも、この職業が向いている人で言うと苦手な人よりも書くのが好きな人の方が多いです。

とにかく勉強が好き

文章を書くことが苦手だったり、相手に伝えることが難しいと感じている人でも勉強が好きな人であればこの職業はチャレンジしてみる価値はあります。

その理由のひとつとして、WEBライターの仕事のほとんどが記事作成なのですが、色々なジャンルに関して書くので知識がないとスムーズに書くことができないんです。

なので、勉強が好きな人であれば知識がなくても調べることによって他の人よりも色々なジャンルの記事を書くチャンスが広がってきます。

私は残念ながら勉強が得意ではないし、好きじゃないです(笑)
もちろん仕事なので、予備知識として勉強しておかなければいけませんが勉強するのが好きな人と苦手な人とではスタート期間が違うので圧倒的にスピードで負けてしまいます。

勉強することが苦手な人でも、まず最初は「これだけは他の人よりも知識がある」と自信があるジャンルに特化して仕事をしていきましょう!

始める前に知るべき5つのポイント

WEBライターという職業が、自分に向いていると思いましたか?

次にお話することは、始める前に知っておいてほしいポイントについてです。

「本当に未経験でも大丈夫?」、「仕事はどこでやるの?」といった疑問について、それぞれ5つに分けてまとめてみたので参考にしてみてくださいね。

1・未経験でも記事は書ける

これは私の話ですが、WEBライターの仕事をしたことがなくても記事を書くことは可能です!

何故なら、「このテーマに対してこのくらいの文字数で記事を書いてください」といった指示にプラスして土台が作られていたからです。

いきなりテーマについて記事を書いてと言われても、「内容は何でもいいの?」「どこを細かく書けばいいの?」と不安になりませんか?

記事には、基本的に見出し(目次的なもの)があるのですが、その見出しを骨組みとして作らないと文章がまとまらないんです。

未経験でいきなり文章だけ書くと言われても悩んでしまいますが、この見出しがあればそれについての文章を当てはめていけばいいだけなので初心者でも思っているよりスムーズに書くことができるんです。

特に未経験の人に対しては、相手側が「どこまで初心者なのか」理解していないことがあるのであらかじめ伝えておくと良いです。

もちろん、見出しもなくいきなり「文章だけ書いておいてください」という仕事もあります。
自信がない時は、スムーズに書けるように見出しだけお願いしておくと良いです。

2・在宅でも仕事できる

WEBライターの仕事は、PCとネット環境さえあればどこでもできるので在宅ワークとしても人気です。

「会社へ行って仕事しないの?」という疑問についてですが、基本的には副業でWEBライターをしている人は自宅で仕事をしている人がほとんどです。

なので、すきま時間にサクっとできるし副業している人であれば休みの日や寝る前に1〜2時間使って仕事をしている人もいます。

移動時間もないので、効率よく仕事ができるので個人的にはとっても有り難いです。

特に主婦にも人気で、子供がいて外で仕事ができないという人であれば在宅でも仕事ができるってメリットになりますよね。

起きてすぐに仕事が始められるので、とっても効率良い職業だと思います。

3・クライアントを見つける

この仕事をするには、依頼してくれる人がいないと成り立ちません。

なので、もちろんWEBライターとしての知識を勉強することも大事ですが、仕事をするにはクライアントを探すことが第一優先なんです。

依頼してくれるクライアントを探すには、募集サイトから見つけるのが1番おすすめです。

「どんなサイトを使えばいいの?」、「どこがおすすめ?」という質問に関しては、最後に私も利用しているおすすめのサイトを紹介しているのでそちらをチェックしてくださいね。

4・報酬は1文字に対して

WEBライターの仕事の報酬は、1記事に対してもらえることもありますが基本的には”1文字に対して◎円”と覚えておいてください。

例えば1文字1円であれば、3000文字書いたら3,000円もらうことができます。

「3000文字も書くの!?」って驚いた人でも、慣れてくると2〜3時間で3000文字以上書けちゃうんです。
ちなみに、ここまで読んでいる文字数は3000文字を超えています。案外短いって思いませんか?

未経験の初心者の場合は、いきなり1文字1円からスタートというのは少なく0,5円からが多いです。
でも「練習に対してもお金がもらえる」と思えば、やる価値はありますよね。

もちろん練習だからといって、適当に書くことは許されません。

とにかくひたすら書いていると、自分の苦手なジャンルや書き方がわかってくるのでどんどん仕事をもらうようにしましょう。

5・単価アップで稼げる

記事を書くことに慣れてきたら、1文字につきもらえる報酬の単価アップを交渉しましょう。

WEBライターは、依頼されるクライアントからの報酬で稼ぎが決まるので交渉が成功すれば稼ぎが増えます。
なので、何度か仕事をするようになってクライアントから仕事をもらえるようになってきたら話してみる価値はあります。

「ちょっと言いづらいな」という人は、私がよくクライアントに伝える言葉を試してみてください。

「今回は、今後の仕事に関してのご相談がありご連絡いたしました。

いつも仕事のご依頼をくださり、本当に感謝しております。
有り難いことに、今では複数のクライアント様からも仕事をいただけるようになりました。
その中で『1文字◎円』での単価の仕事も増えてきました。

こちらとしても仕事上では、単価が高い依頼を優先してしまいますが、始めた頃からお付き合いいただいている貴社の仕事も続けたいと思っております。

今後の仕事に対して、記事単価を現在の◎円から◎円にご変更いただけませんしょうか?
ご検討いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いします。」

単価アップしてほしい理由として、他のクライアント例を出すことによって自分の価値観を伝えることができます。(クライアント名は伏せたほうがいいです)

これで私も単価アップに成功しているので、慣れてきたら是非活用してみてくださいね。

絶対に注意すべき3つのこと

始める前に、知るべきことがわかりました。
自宅でも出来るし、何もやったことのない未経験でもWEBライターの仕事はスタートすることができます。

次にお話するのは、この仕事をするときに絶対に注意しなければいけないことです。
最低限守ってほしいことなので、「知ってるから大丈夫」という人も危機感を持って読んでくださいね。

1・誤字や脱字に注意

記事を書く時に気をつけることのひとつは、誤字や脱字です。

これは正直何年経っても付いてくる注意点だし、今でもプロとして仕事していてもミスしている人はいます。
ですが、未経験の初心者だからこそこういった基本的なミスは絶対に注意してほしいんです。

  • 注意力が足りない
  • 集中力がない
  • 見直ししていない

誤字や脱字が多いことによって、クライアントからはこういったイメージを持たれてしまいます。

マイナスイメージが付いてしまうと、残念ながら次からの仕事の継続は見込めません。
なので、始めの頃は文章はもちろんですがこういった初歩的な誤字脱字をしないように必ずチェックするようにしましょう。

私は始めの頃は見直しを3回以上していました。

  1. 記事としておかしくないか
  2. 繋ぎの文章に違和感がないか
  3. 誤字脱字をチェック

こういった見直しをすることによって、ミスを防ぐことができました。
信頼関係を築くには、こういった小さなミスも命取りになるので注意してくださいね。

2・パクリやコピーはNG

パクリやコピーがNGなんて、当たり前のことですよね。

盗作は犯罪だし、元々書いた人が見た時にどう感じるでしょうか?
もしも自分が書いた記事が他の人にパクられていたら、あなたはどう思いますか?

「そんなことしないから大丈夫」と思っている人も、いざ記事を書く時に「他にどんな記事があるのかな?」とチェックしていると気がついたら同じような文章を書いてしまうなんてこともあります。

それがエスカレートして、盗作するようになってしまうんです。

このパクリやコピーは、調べればすぐにバレてしまいます。
似たような記事がないかチェックできるので、こういったトラブルがないように調べられているんです。

見つかって訴えられたら、人生が終わってしまいます。
もしも書けなくて悩んでいる時は、他の記事を読むのではなく5分でも休憩をして頭を休めてあげることが大切です。

飽きたら、少しだけ気分転換に別のことをやってもいいんです。
在宅ワークであれば、クライアントが常に監視しているわけじゃありません。

パクリやコピーがNGとわかっていても、類似することがあるので書いている途中で躓きそうになったら休憩してリフレッシュしてくださいね。

3・クライアントへのマナー

これは人として当たり前のことですが、マナーが悪いと相手への印象もよくないですよね。

  1. 挨拶をする
  2. 言葉使いは丁寧に
  3. 納品期限を守る

最低限この3つは守っておかないと、「この人にまたお願いしたいな」と思ってもらうことが難しいです。

仕事のやりとりだけですが、クライアントは人なので人間味ある人のほうが声をかけやすいです。
評価にも繋がってくるので、例えば単価アップするときにも自分から話しやすいと思います。

私の経験上ですが、業務的にやりとりしているよりも挨拶をして自分の気持ちも一言添えることによって印象が全く違いました。

少しでもクライアントからの印象を良くするためにも、マナーは大切です。

納品期限に関しては、信頼関係にも繋がってくるので必ず言われた納期までには間に合うように仕上げるようにしましょう。

修正が入ることもあるので、納品期限よりも前に完成させておくと「この人は仕事が早いから別の案件も頼もうかな」とプラスの印象にもなります。

 

以上、WEBライターの仕事をするにあたって絶対に注意すべきことでした。

まだまだ注意することはありますが、まずはWEBライターとしてスタート時に気をつけるべき最低限のことなのでしっかりと守ってくださいね。

記事をスムーズに書く手順

それでは最後に、記事を書くためにスムーズに書く方法として簡単に手順について紹介します。

私が普段書く時にしている手順ですが、このやり方をしてから1時間1000文字しか書けなかったのが2000文字以上も書けるようになりました。

「はじめてだらけだから、どんな風に書けばいいのかわからない」と悩んでいる人は、こちらを参考にしてもらえると嬉しいです。

1・ターゲットを決める

クライアントから依頼される記事には、「テーマ」が決まっています。

例えば、「美容系でおすすめのリップランキング」を依頼されたとします。
そしたらターゲットはどんな人だと思いますか?

検索してくるであろう人は、性別は女性のイメージが強いと思います。

クライアントからは、「メイク初心者向けの記事でお願いします」や「今どきの若者に向けてお願いします」と指示もあるので、それがどんな人なのか想像していきます。

初心者であれば、まだメイクをしたことのない女性がイメージできますよね。
そしたらその人をターゲットにして、記事を書いていきましょう。

2・見出しを作る

次にやることは見出し作りです。

見出しは、先程でも紹介しましたが目次のようなものでクライアントが予め作ってくれていることもあります。
私はこの見出しに1番時間をかけていますね。

書く内容が、この見出しによって決まってくるので検索した人が「この情報を知りたかった!」と思ってくれるようなものにしなければいけません。

例としておすすめのリップランキングだとしたら、見出しの中のひとつはやはりランキングですよね。
そこからそのリップのメリットや価格、おすすめしたい理由などを見出しとして組み込んでいきます。

ただ本当に記事を書いたことがないという人がいきなり見出しを書くのは、難しいのでクライアントに見出しを作ってもらうのも有りです。

また、見出しのない記事もあるのでそこは仕事の依頼内容をチェックしてみましょう。

どうしても「見出しがうまく書けない」という人は、見出しではなくいきなり文章からスタートして、そこから部類分けして見出しを作るというのも有りです。

自分にやりやすいと思った方法で、チャレンジしてみてくださいね。

3・手紙を書く

「記事なのに手紙?」って思いますよね。

これは、私が「記事なんていきなり書けない」と悩んでいた時に教えてもらった方法なのですが記事として考えるのではなくターゲットに対しての手紙だと思って書くとスラスラ書けちゃうんです。

後で言葉使いを直すとして、まずは最初になんでもいいので手紙として書いてみてください。

ターゲットが疑問に思っていることや、知りたいことをそのまま手紙で伝えればいいんです。
もしも「普段から手紙書かないからそれも無理」という人は、相手に話すイメージでもOK!

私の友人は、始めの頃は書くのが難しいので自分で話した言葉を録音して文字に起こしている人もいたくらいです。

とにかく記事は、情報を求めている人にとってマッチしていなければ意味がありません。
相手に伝えたい気持ちや知識を、手紙として記事に書いてみましょう。

4・タイトルを決める

記事のタイトルって本当に難しいです。

クライアントによっては、タイトルはやらなくても大丈夫というところもありますが全てこちらにお任せしてくれるところもあります。

もしもタイトルで悩む人がいたら、それは当たり前のことです。

記事はタイトルが玄関の扉のようなもので、読み手がタイトルに惹かれないとまず読まれることはありません。
つまり、読んでもらうにはタイトルを気に入ってもらわなければいけないんです。

ここでもターゲットに必要な情報が重要になってきます。

タイトルを読むだけで、読み手が欲しい内容が書かれているのかが伝われば必ず読んでもらえます。

短い文章で記事内容がわかるように考えるのは難しいかもしれませんが、ターゲットが「これは私の為の記事だ!」とわかるような文章にするとタイトルが決まりやすいですよ。

5・完成後に見直し

これは先程の注意でもお話しましたが、記事が完成したら必ず見直しをするようにしています。

誤字脱字だけじゃなく、書いている途中で休憩を挟むと文章の繋ぎがおかしかったりターゲットに対して内容があっていないことがあるからです。

読み手として読んでみた時に「この記事は求めていたものだ」と感じるものじゃなければ最後まで読んでもらえない可能性が高いので記事が完成しても満足せずに必ず見直しするようにしましょう。

おすすめしたい募集サイト

最後に…

「どこで仕事を探せばいいの?」という疑問にお答えしたいと思います。

私も色々な記事作成の募集を探しました。
実際に利用しているおすすめの募集サイトを紹介したいと思います。

登録無料なので、まずは仕事をもらうためにも登録してみてくださいね。

Crowdworks(クラウドワークス)

登録会員数や、案件数も多く業界の中では大手の募集サイトです。

利用しているクライアントの中には、個人だけじゃなく中小企業に限らず上場企業まで仕事募集しているので実績を残したい人にもピッタリです。

仕事内容の難易度も分けられているので、自分にあったレベルを見つけやすいです。
案件の種類も豊富なので、積極的に応募することができます。

記事作成の中でも、見直しの手伝いや簡単なアンケートなどの仕事もあるので未経験で初心者の人は始めやすい仕事が多いのでおすすめです。

CrowdWorks(クラウドワークス)

Lancers(ランサーズ)

こちらの募集サイトも、WEBライターの中では有名でブログ記事から本格的な記事まで色々な案件があります。

単価が低めに設定されていますが、口コミやレビュー記事などはじめての人でも簡単に始めやすい仕事案件が多いです。

数をこなすことによって稼ぐことができるので、お小遣い程度の稼ぎが希望であればこちらのサイトがおすすめです。

Lancers(ランサーズ)

Bizseek(ビズシーク)

ビズシークは新しくできた募集サイトです。

そのため、クラウドワークスやランサーズよりも募集数が圧倒的に少ないです。
何故ここでおすすめしたのかというと、上記2つのサイトよりも手数料が安いからです。

ほとんどの募集サイトは、登録や月額使用料もかからない無料サービスが多いのですが発生した報酬から手数料がひかれています。

なので、同じ案件を引き受けるのであればビズシークから受けたほうが報酬は多くもらえるんです。

ただし募集数が少ないので、「とりあえず記事を書いてみたい」というお試しで利用してみたいという人におすすめです。

空いた時間で在宅ワーク【Bizseek】

まとめ

初心者でも副業でWEBライターとして稼げる方法や注意すべきポイントなどを紹介してきましたが、いかがでしたか?

ここまで読んでみて「やってみたい」と思ってもらえたのであれば、嬉しいです。

もちろん人によっては合う合わないがあるので、1度チャレンジしてみて「思ってたのとやっぱり違った」と思ったらそれでいいと思います。

WEBライターの仕事は、ほとんどが在宅ですが依頼してくれるクライアントとのコミュニケーションで仕事が決まってきます。

  • 誤字脱字注意
  • パクリ禁止
  • 言葉使いは丁寧に

最低限でもこれらのマナーが守られていないと、信頼関係も築くことができないし次の仕事に繋がりません。

もしも記事を書く時につまずいたときは、リフレッシュする時間も大事にしてくださいね。
書き方の手順は決まっていないので、自分のやりやすいように記事を書きましょう。

私が利用しているおすすめの募集サイトは、全て登録無料なのでまずは新規登録することをおすすめします。

  1. Crowdworks(クラウドワークス)
  2. Lancers(ランサーズ)
  3. Bizseek(ビズシーク)

自分に合った募集サイトから、積極的に仕事をもらって稼げるようになりましょう!

最新情報をチェックしよう!
広告